「新規顧客獲得」ちょっとまって!そこで消耗してたら、会社員から独立起業なんて続きません。

なぜ?会社員から独立起業をしたばかりのときに、新規顧客を、獲得しつづけるとダメなのか

会社員から、独立起業をすると

「もっと、どんどん新しいお客さんを増やさなくちゃ」

と考えがちです。

そうしないと、ビジネスも広がらないし
収益もあがらないと思ってしまうからです。

でも、ちょっと待ってください。

その考えはけっこう危険な考えです。

なぜなら、新規顧客を獲得することは 独立起業で
最も大変で、最もコストがかかることだからです。

だから、新規顧客獲得にあくせくしていると
「大変なこと」を「お金をかけて」やり続けないと
いけないということになります。

これでは、到底、会社員をやめて
独立起業をしても、長く続けることはできません。


じゃ、どうしたらいいのか?


答えは「リピートする新規顧客」を獲得することです。


え? そりゃそうでしょう、って?

「そりゃ、リピートしてくれる新規顧客だったらいいけど
そうじゃないお客さんだって多いでしょう?」


違うんですよ。


「最初から、リピートをしてくれる新規顧客を獲得する」

ってことなんです。

ちょっと説明しますね。

会社員から独立起業すると、新規顧客獲得コストは最初は「赤字」


新規顧客を獲得、、、ということは、会社員から独立起業をして
まずは、1回は、新しいお客さんに
商品やサービスを売ったということですね。

それは、とても喜ばしいことです。

でも、新規顧客は、基本的には赤字になります。
獲得するコストが、とても高いのです。

赤字にならないような、価格設定であれば
お客さんを逃してる可能性もあります。

だから

「リピートがあって、はじめて黒字になる」

という設定にしないと、せっかく会社員をやめてまで
独立起業をしたのに、ライバルや他業種に
新規顧客をとられてしまうわけです。

そこで考えないといけないのは

「どうやって新規顧客にリピートしてもらうか?」

ということになります。

もちろん、方法はいろいろあるのですが
ここは一番シンプルな方法をお話します。

それは

「あなたの商品・サービスを買った人が
次に欲しくなるものを、あらかじめ用意しておく」

ということなんです。

会社員から独立起業をしてすぐに、新規顧客を獲得したのですが…


ここで、僕の事例を紹介します。


会社員から独立起業してすぐに

「部下育成のためのコーチングセミナー」

というのを開催しました。


ここには、さまざまな企業さまから、参加者がこられました。


そこで、僕は

「このセミナーを受講された企業さまは
社内研修で、今日の内容を実施できます。
今なら、○○%OFFで、OKです」


とお話したのです。


そうすると、数社から申し込みがあったのです。


そして、社内研修を行いました。


研修を実施した企業さまに

「管理職の方向けに、評価面談やコーチングができる
中級講座があります。こちらはいかがですか?」

とお話したのです。


そうすると、また数社から、お申込みがあったのです。



つまり、僕は

「セミナー」
  ↓
「社内研修」
  ↓
「管理職研修」

と、同じ新規顧客に3回の販売をしました。


セミナーを受けた人は
「これを社内で開催したいな」
と思うはずだと考えたのです。


社内研修をやった会社は
「これを幹部や管理職が、つかいこなせたらいいな」
と思うはずだと考えたのです。


つまり、次に何が欲しくなるのかを
あらかじめ考えて、提案していたのです。



もちろん、はじめから、このように提案する
準備をしていたのでした。


いいえ。




本当のことをいいます。



実は、もっと前から準備をしていたのです。

実は最初から、リピートする新規顧客を集めていた!(会社員から独立起業したばかり)


会社員から独立起業したばかりの僕は1回のセミナーで
たくさんの契約が欲しかったのです。


ネタバラシをすると、最初のセミナーに集まった
新規顧客のお客さんは、全員

「いずれは、管理職研修まで、すすんでもらえるのではないか?」

と思われる企業さまだけを集めたのです。


そのためには、独立起業したばかりの僕は大変でしたが
労力やお金もかけました。

しかし、もちろん、2番目、3番目の提案で
十分すぎるほどの回収はできたのです。


最初から、このように準備をしておいて
リピートがおこることを前提にするわけですね。

このようにすれば、新規顧客を毎回必死に
とりに行く必要はありません。

リピート率をあげていけば、長期契約ができ
新規顧客の獲得コストは、劇的に下がります。

会社員から、独立起業したばかりのときに
新規顧客をとることばかり、やってはいられません。

会社員から独立起業したばかりなら、新規顧客は少なくてOK


最初から、3つを順番に提案する用意をしていれば
そもそも、新規顧客をたくさん獲得する必要はなくなります。


そう。



「たくさん新規顧客をとらないと…」

と思ってしまう原因は

リピートする新規顧客がとれる設計ができていない

ということなんですよ。



会社員から独立起業をすれば、仕事は山のようにあります。

お金だって、そんなに次々かけることはできません。

だから、新規顧客をたくさんとろう、という発想から

「新しいお客さんとは、長い取り引きができるようにする」

という、方針にかえると、うまくいきやすいです。



ぜひ、リピートがおきるようなしくみを考えて
商品・サービスを設計してみてください。

会社員から独立起業をして「リピート商品を設計する」方法は
もちろん他にもあります。


他の方法やポイントについては
「会社員から独立起業をする人が
絶対に知っておくべき 5つのステップ」

でもお話しています。


こちらから、登録をしてください。 完全無料です。

   ↓  ↓  ↓  ↓

【独立起業する人が絶対に知っておくべき「5つのステップ」】


① 最初から「リピートしてくれる新規顧客」を獲得する。

② 新規顧客は赤字。だから、リピートを前提にする。

③ 新規顧客は「次に何を欲しいとおもうか?」
  を考えて準備をしておく。

④ 長くおつきあいする、リピート客にする発想がないと
  いつまでも「新規顧客獲得」に消耗してしまう。
最新情報をチェックしよう!